キャラクター

Main

主人公
ヴィンセント(山寺宏一)
32歳の独身サラリーマン。自立した生活と結婚の合間にある、いわゆる“第2のモラトリアム”に甘えた状態。しかし、超好みの容姿を持つ謎の美女キャサリンとの出会いにより、人生の歯車が大きく狂い始める……。

キャサリン(Catherine:沢城みゆき
22歳。少女のようにチャーミングな顔立ちに、均整のとれたプロポーション。誰もが振り返る、垢抜けた雰囲気をまとう謎の美女。

もう一人のキャサリン(Katherine:三石琴乃)
32歳。中堅アパレルメーカーに勤めている。ヴィンセントとは同郷の生まれで、幼なじみ。5年前、高校の同窓会で再会したことをきっかけに交際を始めた。ヴィンセントの食べ物などの好みを知り尽くしているほど長く深い付き合いで、つねにヴィンセントのことを気にかけている、よき恋人だ。

Other

オーランド (32/SE)(平田広明)
人生をぶらりと生きる自由奔放野郎

バーの常連であり、ヴィンセントとは腐れ縁とも言える旧友。バツイチのため、結婚には懐疑的な考えを持つ。流れに身を任せる漂流者的人生観で、その行動や発言も自由そのもの。悩むヴィンセントに対しては、己の価値観からか結婚に否定的な助言が多い。

羊の解説
  • 適当発言の隙間に強がりや哀愁が見え隠れ。そこがオーランドの魅力なんです。
  • おおらかと適当ってぶっちゃけ線引きムズイですよね。オーランドはどっちかなあ。

ジョニー (32/中古車販売)(子安武人)
理想の相手を探し求める運命論者

ヴィンセントとオーランドとは旧知の仲の独身男。バーの常連でもある。父親の経営する中古車販売店に勤めており、いつか継ぐつもりでいる。冷静で建設的な考え方をするが、結婚のことに関しては高い理想を持ち出し「結婚は運命の相手とする」と公言している。

羊の解説
  • 日本酒をこよなく愛するクールな男です。
  • ジョニーの結婚へのこだわりってわかるような気もするけどハードル高いですよね。

トビー (23/中古車販売)(谷山紀章)
現実が見えていない恋愛若輩者

ジョニーの職場の同僚で、バーの常連の一人。
子供っぽさの残る無邪気な好青年だが、結婚願望は人一倍強く、「彼女が出来ればすぐにでも結婚したい」と理想ばかりが先走る。年上の女性が好みであり、バーのウェイトレスに好意を抱いている。

羊の解説
  • トビーの服って仕事着のツナギなんでしょうか。それともおしゃれツナギかなあ。
  • 罵られてハイヒールで踏まれるのが憧れとはトビー地味に本物ですね。

『キャサリン』バー“ストレイシープ”に集う人々

マスター(若本規夫)
初対面の客とは、マスターを通じて知り合うことになる。彼も多くの修羅場を経験してきたらしい。

エリカ(皆川純子)
32歳のウェイトレスで、ヴィンセントの幼なじみ。明るく話好きな性格で、町の噂話に詳しい。客の会話に割って入ってくる。


トッド
ヴィンセントの恋人のキャサリンと同じ職場に勤める、リーゼントの中年男。よく部下のアーチーを連れてバーに訪れる。「男は女をはべらせて一人前」という持論がある。

ジャスティン
新聞記者。町の噂を独自の視点で追い、何かをつかんでいるらしい。ある過去の事件により、心に傷を追っているようだが……。

モーガン
制服のままバーを訪れる巡査。ある事件を6年以上も追いかけているらしい。ふだんは豪快な性格なのだが、心に抱えている悩みのせいか、酔うと自分をひどく卑下する。


  • 最終更新:2011-02-14 21:27:05

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード